蠡溝(LR5)

取穴方法

内果(うちくるぶし)の最高点の上5寸、脛骨内側面上に取穴する。

解説)

「内果最高点の上方5寸の高さ」は取穴しにくいので、まず三陰交を取穴し、その後三陰交を起点として蠡溝を取穴します。

経穴用語の基本:上~頭の方向、下~足の方向、前~足指(お腹)方向、後~踵(背中)方向
立っていても、横になっていても、この原則を当てはめます。

  • 三陰交は内果最高点の上方3寸(示指から小指までの4本指幅)で、骨際に取ります。
  • 次に、三陰交の上方2寸の高さを求めます。2寸は「示指から薬指までの3本指幅」です。
  • この高さで、やや前方(1㎝くらい)の骨の上に取ります。骨の幅が2㎝ほどですから、真ん中で大丈夫です。

 

 

功用(効き目・働き)

疏肝理気、調経止帯、清利湿熱

上の功用を応用することで、以下のような症状に使われることがあります。

婦人疾患
月経不順、赤白帯下、陰挺、崩漏(不正出血)
泌尿器系
小便不利、陰部痛
その他
腰腿・脛の痛みだるさ、屈伸困難、足の冷え