月経痛を考える

女性を対象にした鍼灸治療を行っていますと、やはり月経に関するトラブルの相談を受けることは日常的です。その中でも痛みや様々な苦痛・不快感に関するものは少なくはありません。特に原因となる器質的な疾患のない機能性のものから、子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫といった器質性のものまで、相談内容は様々です。

 

ここでは、機能性の月経痛について整理してみたいと思います。

 

機能性の月経痛(月経困難症)は、主にプロスタグランジンという生理活性物質が関与しています。

 

月経時にはプロスタグランジンが高まり、これにより子宮が生理的に収縮し、月経血(剥離内膜)の排出を促すと考えられています。プロスタグランジンにはいくつかの種類が存在します。これらのうちプロスタグランジンEとプロスタグランジンFが痛みの伝達(痛覚の閾値)や子宮の収縮に関与するとされています。

 

生理的に適切な量が存在するのであれば問題はないのですが、月経困難症を抱える女性の場合にはプロスタグランジンの濃度が高いことが分かっています。このため、痛覚が敏感になり通常なら痛みとして認識しないような刺激でも痛みとして認識するようになり、また、過度の子宮収縮も生じるようになると考えられています。

 

痛みの閾値とは、痛みを感じ始める刺激の強さとでもご理解ください。つまり、弱い刺激でも痛みを感じる(つまり敏感な状態)を閾値が低いといい、ある程度強い刺激で痛みを感じ始めるものを閾値が高いといいます。プロスタグランジンには、この閾値を下げてしまう作用があります。

 

また、痛みの閾値は次のような要因でも低下し、痛みに敏感になったり、痛みを強く感じるようになることが知られています。

  • 不眠
  • 疲労
  • 不安
  • 悲しみ
  • 怒り
  • 抑鬱
  • 倦怠感
  • 孤独感
  • 過去の痛みの体験
  • 社会的地位の喪失
  • 痛みの原因が不明

ストレスや心理状態が深く係わっていることがうかがえます。

 

また、痛みの閾値以外の要因でも、月経痛は次のような場合には増強されやすいとされています。

  • 子宮内膜が厚い・子宮内腔が広い(剥離内膜量の増加)
  • 子宮頸部(内・外子宮口のあたり)が狭く月経血の通過性が悪い
  • 子宮の周囲に癒着・瘢痕がある

このような要因とPGの過剰産生・痛覚の閾値への影響要因などが複雑に影響しあって、月経痛(月経困難症の諸症状)の悪化を引き起こしていると考えられます。

 

鍼灸で治療す場合には、子宮や内膜の血中PGの低下を目的に行うことは当然のことですが、同時に子宮筋の過剰収縮への対処も考慮することが大切になります。一見簡単なようですが、筋や神経について学んでいる方には、決して簡単ではないことがお分かりいただけるかと思います。患者さん個々の状況を見極めながら、補瀉を使い分けることが必要となります。

加えて、ストレスマネージメントとしての観点からの鍼灸アプローチも非常に重要になります。

 

 

参考)月経困難症(月経痛)

併せてお読みください。

 

2016年10月10日