安全な治療のために:治療器具の衛生管理

鍼灸治療を検討されている方にとって、その鍼灸院の衛生管理法は関心事の一つかもしれません。以前と違って、最近ではディスポーザブル鍼(使い捨て鍼)を使用するところが多くなりました。感染を気にする方は、この情報で安心してしまうかもしれません。

 

鍼灸院で使用する医療器具は鍼だけではありません。シャーレ(鍼皿)や綿花用シャーレ、ピンセット、シャーレを載せるトレー、卓上ゴミ入れなど衛生注意を払うべきものがいくつかあります。当室では、鍼は使い捨てていますが、シャーレやトレー、ピンセット、ゴミ入れなどは洗浄滅菌しながら使用しています。

 

オートクレーブで滅菌さえすれば良いのかといいますと、体液の付着するものはタンパク質の除去が必要になりますので、オートクレーブ滅菌だけでは不十分といえます。当室の例でいえば、シャーレ(鍼皿)がこれに当たります。たんぱく質を除かなければアレルギーのリスクが少し上昇するといわれています。また、残留たんぱく質中には、細菌など微生物が多く存在するため、オートクレーブ滅菌の効果が下がることが懸念されます。これを防ぐために、使用済み鍼を置いたシャーレは、薬液に浸漬し・超音波洗浄して、たんぱく質を固着することなく取り除いた後に滅菌することが必要となります。

 

当室では使い捨てですが、鍼を使い捨てにしない場合も同様の洗浄滅菌が必要となります。鍼体(体内に刺入する部分)にたんぱく質が固着したままオートクレーブ滅菌だけを繰り返すと、鍼の酸化を促し耐久性が低下することが懸念されます。また、たんぱく質を除去することなくオートクレーブ滅菌し、その後にアルコール綿花などで拭うなどして、固着後変性したたんぱく質が取り除けるとは思えません。

 

患者の視点から考えるなら、器具の衛生状態だけでなく、術者の手の衛生状態に注意を払うことも大切です。手は器具と異なり滅菌することは出来ませんから、手洗い洗浄を丁寧に行った後で、アルコールなどの薬剤で消毒することが重要です。手洗い後の手拭きは、ペーパータオルが推奨されています。当室では指サックを使用していますが、鍼灸家の考え方により施術中に指サックやプラスティックグローブ(手袋)を使用しない方も多いですから、丁寧なかつ頻繁な手洗い洗浄・消毒は必須であると考えます。

 

2017年03月11日