膝の痛み

膝の痛みの原因は様々ですが、中高年者に多くみられる膝の痛みには関節軟骨の老化を原因とする変形性膝関節症という疾患があります。歩くと痛む、正座が出来ない、膝を伸ばせないなどの症状が主ですが、関節が腫れる(関節内水腫)、周囲の筋肉の萎縮などをともなうことも少なくありません。中高年の膝の痛みというとすぐにこの病名が連想されがちですが、他にもいろいろ原因は考えられます。膝・脚への過度の負担が続くことにより、関節周囲の筋や腱の疲労、炎症が原因で痛みが生じていることも少なくありません。軟骨因性の痛みと筋腱の痛みが同時に生じていることもあります。また、片方の膝の痛みの発症により、身体の使い方のバランスが崩れ、過負荷となり腰痛や股関節痛、反対側の膝の痛みなどを発症することも少なくありません。

「膝に水が溜まる」とは、もともと関節内に存在する関節液が貯留過多になることです。関節液は、関節運動の潤滑のほか栄養分の供給や免疫といった役割を担っています。この液が産生過剰となるということは、関節内に炎症があるということであり、関節液はこれを防ぐために分泌されています。しかしながら、貯留過多自体が更なる痛みを招く結果になってしまいます。

既にこの疾患でお悩みの方は十分に分かっていると思われますが、治療には非常に忍耐を要する疾患です。鍼灸も含めて保存治療の目的は消炎と鎮痛です。当室では関節周囲の筋腱の痛みを取り除くこと。関節に腫れや炎症が認められる場合には特に灸治療も加えながら炎症を図ります。慢性的に進行する疾患ですので、鍼灸によって劇的に症状が改善するということは期待できませんが、根気良く治療することにより、膝周囲の炎症や膝の痛みによって生じた周辺部位の痛みを軽減・消失させることが可能です。

膝の腫れがひどくすでに水(関節液)を抜いている方の場合には、当室ではLLLTレーザー鍼を積極的に活用しています。十分な照射量を確保することにより、2~3か月ほどで腫れや痛みが大幅に減少するケースがあります。週に2回ほどの通院が必要になりますので、症状が改善しなくてお困りの場合には是非ご相談ください。

当室では状況を見ながら、消炎鎮痛を目的とした鍼灸治療のほか、膝周囲の筋力保持のための体操等も併せて行います。特に関節の水腫のある場合、そしてそれが長期間改善しない場合には、日常生活を根本的に見直し関節への過負荷の原因と推定されるものを見直すことが重要になります。

”溜まった水は抜いてしまえば良い”と考えもあるかと思いますが、いくら抜いてもその原因行為が改善されな限り、関節液は再び溜まってしまうことでしょう。自分が長年嗜んできた趣味やスポーツとの関わり方を見直すこととなる場合もありますから、人によっては納得いかず受け入れがたいこともあるかに思います。しかし、この疾患の治療は本来患者のQOL(qualityof life生活の質)の確保にあるということを忘れてはいけません。

当室では、痛んでいる膝だけでなく、影響が及んでいる或いは今後影響が及びそうな部位の治療を併せて行うことにより、運動機能の維持回復をはかります。