股関節の痛み

慢性的な股関節の痛みを考える際に考慮すべきことは、”関節=骨組織”ではないということです。「関節が変形しているから鍼灸治療の対象ではない」・・・股関節に限らず腰椎などでも時折り耳にするフレーズですが、これは正確な表現ではありません。骨とともに多くの筋腱、靭帯などが関節を構成することにより、その運動が可能になっていることを忘れてはいけません。股関節の場合、手術しか選択肢がない状態ですぐに手術が可能な場合であれば特に問題はないでしょうが、何らかの事情によりすぐには手術を受けることが出来ない場合、保存療法の対象である場合などには、鍼灸は痛みの軽減法として有効です。患者の状態、環境、鍼灸の特性を考慮してどのように活用するのかが重要だと考えます。

当室で扱うことが多いのは慢性的な股関節痛です。

原因は様々でしょうが

  • 過使用によるもの
  • 捻挫による痛み後遺症関節の変形・炎症

などが挙げられます。

筋腱の痛みといっても、関節の運動を担う筋の疲労や捻挫による筋線維損傷のトリガー変性による慢性痛も考慮しなければなりません。また、関節の変形も背景には長年に及ぶ関節への負担による累積疲労もあるでしょう。関節痛の一部を構成する筋腱の痛みといっても治療が容易いわけではありません。また、股関節の場合は腰部と連動してモーションを構成しますから、どちらか一方の痛みが互いに影響を与え合うこともあります。

股関節の周囲はとても厚みのある組織です。深部に痛みがある場合でも技術のある鍼師であれば直接にアプローチすることが可能です。

当室では、加齢によるもの、スポーツによるもの、関節変形を伴うものなど数多の症例があります。

当室の場合、慢性的な痛みで受診される方が多いためほとんどの方は既に整形外科を受診されてから来院されますが、原因に心当たりがないのに急に痛みが発症し、体重負荷をかけることが出来ないような場合とか、高齢者の転倒後に生じた痛み”などは、まず整形外科でメディカルチェックを受けることをお勧めします。重篤な疾患や負傷の可能性を排除した上で鍼灸を活用しても決して遅くはありません。