慢性頭痛

疲労やストレスなどが原因で、締めつけられるように痛むものを緊張型頭痛 といいます。「頭が重い」とか「こり」などと訴える場合も非常に多い。一般に、 頭やクビの筋肉が持続的に収縮してしまうことにより発症し、頭痛以外の症状(吐き気、嘔吐など)を伴う場合は少ないようですが、個人差が大きいといえます。疲労やストレスなどと書いてしまうと非常に漠然としてしまいますが、”長時間のパソコン作業やうつむき姿勢での作業などに起因する頸のこりや頭痛などと考えると分かりやすいかもしれません。後頭部の痛み、側頭部の痛み、眼の奥の痛みとか締め付けられるような痛みなどと表現される場合が多いようです。

慢性化したものは、頭部、頸部の筋にトリガーポイントが形成・活性化されていることが多いため、なかなか痛みが治まらないことも多いようです。

頭痛に限らす、痛みと筋緊張には密接な関係があります。
鍼灸はこの様な肩や頚のこりを伴うような頭痛の症状緩和にはと効果的です。基本的には肩・頚・側頭部の筋から索状硬結(トリガーポイントの目安)を探して治療し ます。また、全身各処のストレス筋群に治療すること、東洋医学にもとずく診察により、遠隔部である足や手にお灸をすえることも有効です。
即効的に痛みの軽減が得られる場合が多いため、頭痛が発症しているときに気軽に治療を受けられる患者さんが多くみられます。

原因(仕事や人間関係など)を取り除くことが難し痛め、頭痛の頻度が多い方や鎮痛剤を服用することが多い方などは定期的に治療を行い症状が安定した後で治療頻度を減ずる方法をお勧めいたします。具体的には非常に個人差が大きい疾患ですので経過を見ながら慎重に判断する必要があります。

*頭痛には非常にたくさんのタイプがあります。鍼灸で効果が得られるものは、器質的な病変を伴わない緊張型頭痛や片頭痛などです。「日本においては、慢性的に頭痛を有する人のなかで、医師の診察を受けたことのある人の割合は少ない」ということ本で読んだことがあります。一度きちんと医師の診察を受け、自分の頭痛がどのようなものなのかを把握しておくことも大切です。

臨床例1~頭痛 緊張型頭痛(20代女性)

3日前から激しい頭痛がある訴える。2日前に医師の診察を受け緊張性頭痛と診断され薬を処方された。薬によりいくぶん痛みは改善したがまだ痛むという。

診ると肩や頚の筋肉の緊張が激しいため、鍼治療を行うこととした。肩や頚の経穴(鍼灸学用語:鍼を刺入するポイントのこと)への刺鍼により、側頭部まで響くような感じがするという。痛みがほぼなくなったので、痛い時は早めに来る様に指示して終了する。その後も時々来室している。

参考)
頭痛には重篤な疾患が隠れている場合があります。鍼灸の適応頭痛は慢性的な頭痛症状(緊張性頭痛・偏頭痛など)です。普段は頭痛など無いのに急に頭痛が生じてきた場合には、必ず医師の診察を受けてください。鍼灸治療はその上で行うことが望ましいといえます。

臨床例2~頭痛 緊張型頭痛(50代女性)

頭痛、頚肩のコリ、疲労感を訴える。頭痛は若い頃から続いており、かかりつけの鍼灸師が引退したため来院。治療後の数日間は調子が良いが、やがて再び悪化するため月に2回程度の頻度で数年間お付き合いをした。

あるときから来意されなくなったため心配していたところ、2年ほど後ふと来院された。聴くと定年退職により別の仕事に転職したところ、あまりストレスを感じなくなり頭痛もなくなったとのこと。膝が痛いのでまたよろしくとのことであった。

近年、疼痛関連の専門書では痛みをストレス・心理状態などの関連について言及するものが多くみられるようになったが、これほどまでに極端なものか・・・と考えさせられるケースであった。

臨床例3~頭痛 緊張型頭痛(30代女性)

仕事が多忙であるためほとんど毎日頭が痛む。ほぼ毎日鎮痛剤を服用しているが、あまり効果が感じられないようになってきたため相談に来られた。週に1回の治療を4ヶ月ほど続けるとほとんど薬を飲む必要がない程度に頭痛は減少した。その後、維持のための頻度の決定に手間取ったが、徐々に治療頻度を減らし月に2回程度の治療であまり頭痛を感じない状態を維持できるようになった。

臨床例4~頭痛 鎮痛剤乱用型(40代女性

日常仕事でストレスが非常に多いと自覚。頭痛が生じると鎮痛消炎剤服用していたが、次第に頭痛自体を避けるために服用するようになりほぼ毎日鎮痛消炎剤を服用するようになった。次第に慢性頭痛が生じて薬が効かなくなった。薬の処方を変更するなどして対処したがそれも次第に効果が限定的となったため当室を受診。週に一回の鍼灸治療を行い、痛みが軽減しているときは薬を服用しないようにしていただく。2か月くらいで薬を服用しない日のほうが多くなり、更に2か月程度でほとんど薬を服用することはなくなった。仕事が多忙なため鎮痛剤の服用をゼロにすることは無理と判断した。定期治療を終了し、月に2回程度のケア治療として通院することで、鎮痛剤の服用を週に1回程度に保てている。

よくあるお問い合わせ(FAQ)

投稿記事がありません。