慢性頭痛

疲労やストレスなどが原因で、締めつけられるように痛むものを緊張型頭痛 といいます。「頭が重い」とか「こり」などと訴える場合も非常に多い。一般に、 頭やクビの筋肉が持続的に収縮してしまうことにより発症し、頭痛以外の症状(吐き気、嘔吐など)を伴う場合は少ないようですが、個人差が大きいといえます。疲労やストレスなどと書いてしまうと非常に漠然としてしまいますが、”長時間のパソコン作業やうつむき姿勢での作業などに起因する頸のこりや頭痛などと考えると分かりやすいかもしれません。後頭部の痛み、側頭部の痛み、眼の奥の痛みとか締め付けられるような痛みなどと表現される場合が多いようです。

慢性化したものは、頭部、頸部の筋にトリガーポイントが形成・活性化されていることが多いため、なかなか痛みが治まらないことも多いようです。

頭痛に限らす、痛みと筋緊張には密接な関係があります。
鍼灸はこの様な肩や頚のこりを伴うような頭痛の症状緩和にはと効果的です。基本的には肩・頚・側頭部の筋から索状硬結(トリガーポイントの目安)を探して治療し ます。また、全身各処のストレス筋群に治療すること、東洋医学にもとずく診察により、遠隔部である足や手にお灸をすえることも有効です。
即効的に痛みの軽減が得られる場合が多いため、頭痛が発症しているときに気軽に治療を受けられる患者さんが多くみられます。

原因(仕事や人間関係など)を取り除くことが難し痛め、頭痛の頻度が多い方や鎮痛剤を服用することが多い方などは定期的に治療を行い症状が安定した後で治療頻度を減ずる方法をお勧めいたします。具体的には非常に個人差が大きい疾患ですので経過を見ながら慎重に判断する必要があります。

*頭痛には非常にたくさんのタイプがあります。鍼灸で効果が得られるものは、器質的な病変を伴わない緊張型頭痛や片頭痛などです。「日本においては、慢性的に頭痛を有する人のなかで、医師の診察を受けたことのある人の割合は少ない」ということ本で読んだことがあります。一度きちんと医師の診察を受け、自分の頭痛がどのようなものなのかを把握しておくことも大切です。