月経困難症(月経痛)

治療方針

月経に伴い生じる腹部や腰部の痛み(月経痛・生理痛)、頭痛、吐き気、貧血、倦怠感などの症状により日常生活に支障きたすために、治療を要する状態にあるものを月経困難症といいます。生理痛・月経痛とほぼ同じ意味で用いられています。内膜症や腺筋症、筋腫、子宮奇形などによる器質性月経困難症と、プロスタグランジンの産生過剰などによる機能性月経困難症とに分類されます。

表1 機能性月経困難症の主な症状
下腹部・腰部の症状 下腹部痛 下腹部緊張感
不快感 腰痛 腰部倦怠感
消化器症状 胃痛 嘔気 吐気
下痢 食欲不振
血管神経症状 頭痛 頭重感
冷や汗 心悸亢進

右の表①は機能性月経困難症の代表的な症状を挙げたものです。頭痛やイライラ症状、嘔吐、食欲不振といった症状がみられます。プロスタグランジンの産生過剰が全身性に作用し腸管運動に影響を与えたり、痛覚の閾値を下げたりするためとされています。当室では月経困難症を全身疾患として治療します。また、不安やストレスは鎮痛のために分泌される内因性オピオイドの分泌を抑制してしまうこともあるため、この部分に対する東洋医学的なケアも重要であると考えています。

  ②月経困難症と主な東洋医学的な症状
気虚 倦怠感 眠い 食欲不振 下痢
気滞 疼痛 脹悶 イライラ 抑うつ 腹部膨満
水毒 悪心 嘔吐 体が重い 立ちくらみ
お血 頭痛 肩こり 冷え のぼせ 下腹部の張り
目の周りの隈 サメ肌

表②は月経困難症の東洋医学的症状の主なものですが、当室ではその原因なども加味して、肝腎虚損、気血虚寒、寒湿凝滞、肝鬱気滞などに分類します。症状の時期や部位、痛みの種類、月経血の状態や舌診などにより判断いたします。女性の場合には手や足の冷えがある方が多いため、単純に下腹部や腰部を温めている方が多いようですが、虚実をよく判断しければイライラ不快感やのぼせが増すこともありますので注意が必要です。

鍼灸治療の目的は、器質性の月経困難症と機能性の月経困難症では異なります。器質性月経困難症(内膜症・腺筋症・筋腫・子宮奇形など)の場合には、基本的には定期的な治療により症状の緩和を目指します。(子宮筋腫の場合には症状の程度により筋腫の縮小が見込める場合もあります) 機能性の場合には、症状の程度や個人差があり一概にはいえませんが数か月程度の定期治療により治療が不要になることを目指します。もちろん、症状発現する少し前からの治療介入により、症状の軽減を図ることも可能です。

LLLTレーザー鍼には月経困難症と関連して以下のような作用が認められます。

  • 交感神経の抑制により血行改善と疼痛緩和を促せる
  • 局所の照射により血管内皮細胞からNOの分泌が促され血管の弛緩血流の改善が促される
  • 器質性の場合であっても抗炎症サイトカインの分泌により疼痛の軽減が図れる
  • 低酸素状態を改善し筋腫の成長をある低度抑制することが可能であること
  • 頭部のツボへの適切な照射により、不安や抑うつなどの痛みの感受性に関係する症状を抑える効果があること

当室では月経困難症の症例はとても豊富です。鎮痛剤やピルの服用の中止を希望される10代後半から20代半ばくらいの年齢の方の症例もたくさん経験していますので、お困りの方は一度ご相談ください。また器質性の月経困難症で、疼痛のコントロールがうまくいっていない方もご相談ください。薬物治療との併用で効果が上がる場合もあります。