慢性疼痛

慢性痛とは

慢性痛とは、言い換えれば、一般的な治療(conventional treatment)を受けていても効果が得られない痛みといえます。

急性痛はケガなどの組織損傷により生じるものがほとんどで、異常事態を知らせるシグナル的な意味合いを有します。一方、慢性痛は「治療に要すると期待される時間の枠組みを超えて持続する痛み、あるいは進行性の非がん性疾患に関する痛み」と定義されています。

組織の損傷は治癒しているが痛みが存続するもの、組織損傷を伴う病気の進行(変形性の運動器疾患など)により急性痛が持続もしくは反復するものなどとされています。概ね1~3か月以上痛みが持続するものを慢性痛と呼んでいます。

慢性的な痛みには、大きく分けて2種類の痛みがあります。その二つとは、急性の炎症が連続して起こっている痛み、そして急性の痛みが慢性疼痛に変化してしまったものです。膝の変形性関節症などの運動に伴い軟骨組織や骨棘が物理的に刺激しあって生じる痛みは、前者と考えてよいと思います。外傷・糖尿病・帯状疱疹などによる神経障害性疼痛、抑うつなどに起因する社会心理性疼痛などは後者になります。

人には、様々な感覚が備わっていますが、痛みという感覚は単なる痛覚ではなく、不快感といったような感情(情動)と深く結びついています。痛みの持続は不安やストレスを通じて、痛みの悪循環を形成するだけでなく、交感神経の興奮により痛み以外の症状も引き起こします。

また、中枢感作といって脳自体が痛みに過敏な状態になってしまうこと、自分の身体に備わっている下降性抑制系といわれる鎮痛メカニズムを弱体化させることなども知られています。このため慢性疼痛は、漫然とした治療を継続してもなかなか効果が得られ難くなっています。

慢性痛の中でも特に痛みの激しいものは、生活の質(QOL)を下げるばかりか、社会参加の低下の原因ともなります。高齢者であれば介護状態などにも影響します。このような痛みの慢性化がもたらす影響を考えると、漫然と従来の治療を繰り返すだけでなく、従来の治療とは異なった視点からアプローチすることが大切であるといえます。

慢性疼痛の治療と鍼灸

痛みで悩んでいる方の多くは、鎮痛剤の処方や理学療法などの治療を受けられているかと思います。そうした治療で満足のいく結果が出ている方は、このページなどは読んでいないと思います。痛みの慢性化に伴い、痛みを感じるメカニズムや痛みを抑制するメカニズムが、急性期とは変わってきてしまいます。このため、急性期の治療を継続しても効果が得られにくくなってしまいます。つまり、痛みが持続する場合には、1~3か月程度で体内の痛みを抑制するシステムが低下してしまうということです。

鍼灸治療は身体に備わった能力を引き出す治療法です。

下降性抑制系の賦活
ストレスを緩和し痛みの閾値の上昇
炎症を軽減

良質な鍼灸治療は経穴を通じて身体の状態を整えることで、痛みの慢性化により弱くなってしまった身体の痛みに対する抑制システムを整えます。