慢性腰痛

腰痛は疲労や老化などでみられる一般的な症状です。しかし、数日間安静にしていても症状が改善しない場合は治療が必要です。腰下肢痛の原因となる病態は様々ですが、比較的よく見かけるのは、疲労や老化などが一因と思われる筋筋膜性腰痛、腰椎椎間関節性腰痛、変形性脊椎症、腰部椎間板ヘルニア、腰椎分離すべり症などです。患部に関節や骨の変形があっても末梢神経性の痛みであれば比較的良い治療効果が期待できるのであきらめる必要はありません。

腰下肢痛でも次のような症状が見られる場合は医師の診察が必要です。

  • 一番楽な姿勢で安静にしていても自発痛があり、その痛みが徐々に強くなってきている。
  • 歩いていると足の痛みやシビレが起き、休憩すると症状が改善する。
  • 排尿や排便に異常がある。

この様な症状がある場合は鍼灸治療の適応ではない疾患の可能性もありますので、まず医師の診断を受けてから鍼灸治療の可能性を検討した方が良いでしょう。

腰部の関節に変形が認められる場合に、もう治らないとあきらめてしまう方が時々あります。しかし簡単にあきらめる必要はありません。関節に変形が生じることにより、筋や靭帯などの軟部組織に負担がかかり痛みに大きく関与することは決して珍しいことではありません。筋骨構造と運動の力学的考察から負担が強いられる部分を推定し、鍼灸によりアプローチすることにより症状が軽減されるケースは数多存在します。

また昨今、慢性疼痛とストレスとの関係が取り上げられることが多いですが、これは「痛みは気の持ちようだ」という前時代的な根性論を指していのではありません。ストレスが自律神経を介し、局所の血流・代謝・感覚神経の敏感性に作用することにより痛みが生ずるということです。ストレスの原因に対して上手く対処できない場合には慢性的な経過をたどる場合が多いですが、だからこそ治療により痛みを軽減することが重要です。痛み感覚はヒトの感覚の中で最も嫌な感覚の一つです。これに対処しないということは、日常生活の質的な低下を招く一因となります。

東洋医学では、寒湿の停滞により体の中を巡っている経絡・気・血の流れが悪くなっている場合や、腎の蔵の生理機能が虚している場合などに慢性的な腰痛が生ずると考えられています。つまり、ある種の原因により患部が気血による滋養を受けられない状態が継続した場合に慢性腰痛が生ずると考えてもよろしいでしょう。

さて、治療の進め方は病態や症状の程度により大きく変わります。
具体的な治療に関しては個々の事情に症状の程度により大きく左右されます。ある程度継続して治療を行い全体的な痛みの程度を下げ、その後は間隔をあけつつその状態を維持するための治療を行うことが必要となります。

関節の変形など器質的なものが原因であっても、症状の緩和・軽減・維持ばかりでなく、痛み症状が消失する例は少なくありません。

また、一般に運動による筋の強化は慢性腰痛の治療上は重要ですが、運動により痛みが悪化する場合には、状態を見ながら徐々に運動を行うこと、腰の状態を考慮しながら自分の状態にあった運動を検討することが必要です。痛みが強い時期は安静を優先し、ある程度痛みが軽減してから取り組んだ方が無難です。あくまで腰痛の予防体操ですから。