無月経

無月経って?

無月経の医学的分類にはいくつかの方法が存在します。
それらの中の一つに「月経経験の有無」による分類があります。18歳になても初潮がない状態を原発性無月経(平均的な初経年齢は12歳)、それまであった月経が3ヶ月以上途絶える状態を続発性無月経といいます。原発性は染色体異常や子宮や膣や卵巣の実質性の異常が原因となります。続発性はホルモン分泌異常、精神的ストレス、ダイエット、過度のスポーツなどが原因となります。

実際の診療に際しては、内分泌疾患(高プロラクチン血症、甲状腺疾患)の有無や過度のダイエットによる体重減少の有無などを確認します。その上で、エストロゲンの分泌の有無による分類を確認します。つまり、エストロゲンが分泌しているため、プロゲステロンの投与(Pテスト)だけで消退出血おこるものを第1度無月経、エストロゲンの分泌がないので内膜が増殖せずエストロゲンとプロゲステロン双方の投与(EPテスト)で消退出血が起こるものを第2度無月経といいます。Pテスト、EPテストの双方で消退出血が起こらないものは子宮性無月経を疑います。第1度無月経であってもエストロゲンの分泌が十分でない場合にはエストロゲンとプロゲステロンの双方が投与されます。(カウフマン療法といいます)
また、胃薬や制吐剤、向精神薬、避妊用ピルなどにより高プロラクチン血症となる場合がありますので注意が必要です。

東洋医学では気血や臓腑の状態により、脾虚少血、脾肺気虚、陰虚血燥、肝腎不足、気滞血オ、寒滞子宮、痰湿阻滞などに分類します。

当室における治療

当室では、主に続発性無月経の治療を行っています。鍼灸やLLLTレーザー鍼により一定周期の月経を回復させ、それを継続することにより自立性を回復させること、或は鍼灸治療の継続で周期的な月経来潮を維持することを目標に治療します。卵胞の発育を観察しながら治療を進めますので、治療経過を把握しやすいかと思います。

なお、無月経を長期間放置することは、自律性の回復(自然排卵)を難しくするだけでなく、妊孕性の低下(妊娠力の低下)を招き、骨粗しょう症や子宮内膜癌のリスク増加させ、男性ホルモンの過剰症が生じるといった点でデメリットがあります。まず初めに婦人科で検査を受け、十分な治療効果が得られない場合には早目にご相談ください。