急性腰痛(ぎっくり腰)

日常の何気ない動作や咳やくしゃみなどがきっかけとなり、瞬時に激しい腰痛が起こり身動き出来なくなる症状を通称「ぎっくり腰」と呼びます。痛みの原因としては主に次のようなことが考えられます。

  • 動作に伴い腰部の筋肉・腱の線維に損傷が生じた
  • 背骨を連結している関節に捻挫などの損傷が生じた(椎間関節の捻挫)
  • 背骨と背骨の間にありクッションのような役割をしている椎間板にトラブルが生じた。
    (線維に部分的な断裂・・・椎間板ヘルニア、椎間板の膨隆による周辺組織の圧迫・・・椎間板症 など)

一般的に3日~1週間程度の安静が必要です。患部の血行をよくすることにより神経の炎症が早く治まり回復が促進されます。安静という観点から発症後間も ない場合、マッサージや整体(ポキポキ)を行うことはのぞましとはいえません。鍼治療は血 行の改善と鎮痛、痛みのために緊張している筋肉の緊張緩和を目的として行います。また、鍼治療は患部に炎症があるような場合でも熱を加えることなく 血液の循環を改善することが出来ます。

腱や関節の損傷の場合には治療はおおむね2~数回程度(損傷の程度による)ですが、坐骨神経痛(下肢の痛みシビレ)が起こっているような場合には椎間板の損傷も考えられますので長引く場合があります。この様な場合程度により鍼灸も有効ですが、後々のことも考えてまずは医師による精査をおすすめします。これは鍼灸治療の有効性がどうのこうのというのではなく、患部の状態を患者本人が把握しておくことで後々の発症を予防することにつながるからです。

急性腰痛に関しては、激痛を伴っているにもかかわらず、「今日中に何とかしてください」とか「一回で治して下さい」とか、「以前にかかった治療院では一回の治療でまったく痛みを感じない状態にしてくれました」いった問合せを頻繁にいただきます。確かに、一度の治療により翌日痛みが大幅に減少したという例もありますが、これは患部の損傷が軽度であったからだと考えるべきです。各々が抱える事情は理解いたしますが、小職はそのような結果をお約束できるとは考えていません。

小職ははむしろ、疼痛が軽減してきた時こそ鍼灸治療を行い損傷組織の血流を促すことが、再発の予防につながると考えています。回復期に鍼灸治療を行い損傷部位の血流を改善し外傷性トリガーポイントの形成を極力防ぐという考え方です。

臨床例~急性腰痛(50代女性)

仕事中に屈んだところきゅうに腰が痛くなり動けなくなった。職業柄普段から中腰になることが多く、年に1~2回ほどギックリ腰になるという。右側の腰部・殿部の痛みが強い。冷え症であり足腰は日ごろから冷えていて、睡眠中に攣ることも少なくない。また、眠りも浅いという。隔日で4回の治療で痛みは消失した。その後は冷えの改善のため1年強ほど定期的に通院された。通院期間中にギックリ腰の再発はなかった。

臨床例~急性腰痛(30代女性)

前日の昼過ぎ頃から徐々に腰が痛み始めた。痛みは徐々に強まり夕方には腰を曲げるのが困難な状態になった。多忙な状態が続いており、このところ腰や背中が張りを覚えていた。仕事を休むことはできないため、できるだけ早く治したいとの希望であった。

一日おきに3回鍼治療を行い痛みは消失した。背中のはりが少し残っていたので1週間毎に2回治療をして終了した。

臨床例~急性腰痛&坐骨神経痛(30代)

3週間前に急に腰が痛くなった。整形外科で急性腰痛症と診断された。安静が重要と指示され、仕事を休み2週間寝ていたが良くならなかった。そのため、整体術(無免許)を1週間に5回受けたところ、足にまで痛みが発生した。神経痛には鍼が良いと聞いて来室した。(杖を突いて来室)

SLR 痛みのため測定不能
膝蓋腱反射 アキレス腱反射 正常
右足背 L5領域 触覚低下 など

3週間にわたり5回の治療を行う。腰・足ともに痛みは消失した。椎間板ヘルニアも考えられるので、今後のことも考慮し病院で検査をしてもらうように指示し治療を終了した。
後日談、やはり椎間板ヘルニアだったとのこと。

よくあるお問い合わせ(FAQ)

投稿記事がありません。