鍼灸治療とは

鍼灸という治療法

鍼灸とは鍼や艾(モグサ)という治療道具を使用して、身体に400箇所以上もある経穴から適切な穴(ケツ)を選定し、東洋医学の理論に基づいて調整することにより体調を整える治療法です。古の中国に起源を有しますが、現代ではアジア諸国はもとより欧米においても広く普及しています。日本でも湯液と同様に長きに渡り実践され、独自の発展を遂げています。また、近年では欧米や中国をはじめ様々な国で、作用機序や臨床効果に関する科学的な研究が行われています。伝統医学のカテゴリーに属する医学ですが、多くの国で科学的な研究活動が行われていることが鍼灸の特徴といえるでしょう。

当室が行う鍼灸治療は?

東洋医学によるアプローチ
中医学に基づいた考え方で症状を把握し、治療方針・配穴を決定する。
現代医学によるアプローチ
現代医学に基づき神経や運動学などの視点から病状を把握し、治療方針を決定し経過を把握する。
筋膜に対するアプローチ
筋膜の状態を観察し痛みや不快感(自律神経症状)の原因となる異常な状態をさまざまな方法で観察し、異常な部分へ直接的にアプローチすることで、異常な筋膜のリリース・トリガーポイントの不活性化を図ります。

 

東洋医学には、未病という概念が存在する、器質よりも機能面を重視する、バランスを重視する、など現代医学とは異なった視点が存在します。

例えば、腰椎が加齢により変形し腰痛が生じたケースでは、多くの場合当室では”変形”=”痛み”とは考えません。

気血のめぐりやバランスなどの視点から痛みを生じさせている要因を探り治療します。これにより結果として、消炎と鎮痛という結果が得られるものと考えます。このような考え方を病気の予防と治療に役立てることが、東洋医学としての鍼灸治療の魅力であると考えています。

また、変形が生じた周囲の筋膜(fascia)には張力の異常が生じます。結果として、摩擦・圧迫などが増加し弾性や潤いに富んだ筋膜は変性し肥厚線維化し、そこにトリガーポイントが形成され、慢性疼痛や不快感の原因となります。当室では様々な観察を行うことで変性部位を特定し治療いたします。

当室の鍼治療では、おもに0.10㎜~0.2㎜ほどの鍼(毫鍼)を経穴に刺入する置鍼療法、刺入した鍼に手で操作を加える鍼手技療法、刺入した鍼に低周波パルスを通電し経穴や脳神経系を刺激しツボの効果を引き出す低周波置針療法などを行っています。

安全清潔なステンレス製の使い捨て鍼を使用
細くて丈夫なステンレス製のディスポ鍼を使用しています。和鍼タイプ・中国針タイプを使い分けています。メーカーも4社ほどを使い分けています。
徹底した施術器具の衛生管理
鍼施術に使用するシャーレやピンセットなどの器具は薬液浸透・超音波洗浄後にオートクレーブ滅菌しています。
指サックの使用
衛生上および感染対策の観点から、鍼を刺入する際には使い捨ての指サックを使用しています。

灸療法では、モグサを半米粒大~米粒大に捻り経穴に据える透熱灸(熱さを緩和するシートを使用する方法としない方法があります)、専用陶器に温灸モグサを載せて経穴を温める陶器温灸療法などを行っています。

これらの鍼灸法を患者さんの状態や体質などに応じて使い分けております。