2003年にWHOが発行した<Acupuncture: Review and Analysis of Reports onControlledClinical Trials>”鍼:対照比較臨床試験に関するレポートの批評と解析”というレポートでは、鍼で治療されうる病気と症状について、その効果に応じて4つのカテゴリーに分類しました。ここでは、疾患症状を分類整理した表を紹介し、次にレポートの中から「効果的であると判明したもの」および「効果はみられるが更なる証明が必要なもの」の2つのカテゴリーの症状疾患をご紹介致します。

ここで紹介する症状疾患は、そのまま日本の開業鍼灸師が治療可能な疾患であるということではありません。鍼を用いた治療は、その国の鍼臨床家の医療者としての位置づけ、臨床施設の環境設備などにより対応可能か否かは大きく変わります。また、症疾患の程度によっても臨床上の適応性は変化することを予め充分にご理解ならびにご注意ください。

また、鍼灸の臨床効果に関する研究は現在進行形ですので、適応症も研究の進展とともに変化することをご承知おきください。

<WHOの適応疾患を分類整理したもの>

神経系 神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不 眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
運動器系 関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・ 外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
循環器系 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系 気管支炎・喘息・風邪および予防
消化器系 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機 能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
代謝内分泌系 バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
生殖・泌尿器系 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
婦人科系 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
耳鼻咽喉科系 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へん とう炎
眼科系 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
小児科系 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・ 小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

 

Acupuncture: Review and Analysis of Reports on ControlledClinicalTrialsにおいて「効果的であると判明したもの」および「効果はみられるが更なる証明が必要なもの」に分類された疾患症状

1. Diseases,symptoms or conditions for which acupuncture has been proved-through controlledtrials-to be an effectivetreatment:
比較試験により鍼が効果的な治療法であると判明した病気・症状・状態。

★Adverse reactions to radiotherapy and/orchemotherapy
放射線治療や化学療法に対する有害反応(副作用)
★Allergic rhinitis (including hayfever)
アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)
★Biliary colic
胆石疝痛
★Depression (includingdepressive neurosis and depression followingstroke)
うつ病 抑うつ症(抑うつ神経症と脳卒中後の抑うつ症を含む)
★Dysentery, acutebacillary
細菌性、急性赤痢
★Dysmenorrhoea, primary
原発性月経困難症
★Epigastralgia,acute (in peptic ulcer, acute and chronic gastritis, andgastrospasm)
急性心窩部痛(消化性潰瘍、急性・慢性胃炎、胃痙攣による)
F★acial pain (includingcraniomandibulardisorders)
顔面痛(頭蓋下顎の異常を含む)
★Headache
頭痛
★Hypertension,essential
本態性高血圧症
★Hypotension, primary
原発性高血圧症
★Induction oflabor
陣痛誘発
★Knee pain
膝痛
★Leukopenia
白血球減少症
★Low backpain
腰痛
★Malposition of fetus, correction of
胎児位置異常の修正
★Morningsickness
つわり
★Nausea and vomiting
嘔気嘔吐
★Neck pain
頚部痛
★Pain indentistry (including dental pain and temporomandibulardysfunction)
歯科領域の痛み(歯の痛みと顎関節症を含む)
★Periarthritis ofshoulder
肩関節周囲炎
★Postoperative pain
術後疼痛
★Renalcolic
腎疝痛
★Rheumatoidarthritis
関節リウマチ
★Sciatica
坐骨神経痛
★Sprain
捻挫
★Stroke
脳卒中
★Tenniselbow
テニス肘

2. Diseases,symptoms or conditions for which the therapeutic effect ofacupuncture has beenshown but for which further proof isneeded:
鍼の治療効果はみられるが更なる証明が必要な病気、症状あるいは状態

★Abdominal pain (in acute gastroenteritis or due to gastrointestinalspasm)
腹痛(胃腸管れん縮による急性胃腸炎)
★Acne vulgaris
常尋性挫創(そう)
★Alcoholdependence and detoxification
アルコール依存と解毒
★Bell’spalsy
ベル麻痺(顔面麻痺)
★Bronchial asthma
気管支喘息
★Cancerpain
癌性疼痛
★Cardiac neurosis
心臓神経症
★Cholecystitis, chronic, withacute exacerbation
急性増悪期の慢性胆嚢炎
★Cholelithiasis
胆石症
★Competitionstress syndrome
競争ストレス症
★Craniocerebral injury,closed
閉鎖性頭蓋内膿瘍
★Diabetes mellitus,non-insulin-dependent
インスリン非依存性糖尿病
★Earache
耳痛
★Epidemichaemorrhagic fever
流行性出血熱
★Epistaxis, simple (without generalized or localdisease)
単純性鼻出血(全身性あるいは局所の疾患のないもの)
★Eye pain due to subconjunctivalinjection
結膜下注射による眼痛
★Female infertility
女性不妊
★Facialspasm
顔面痙攣
★Female urethral syndrome
女性の尿道症候群
★Fibromyalgia andfasciitis
繊維筋痛と筋膜炎
★Gastrokinetic disturbance
胃運動促進障害
★Goutyarthritis
痛風性関節炎
★Hepatitis B virus carrierstatus
B型肝炎ウィルスキャリア状態
★Herpes zoster (human (alpha) herpesvirus3)
帯状疱疹(ヒトヘルペスウィルス3型)
★Hyperlipemia
脂質異常症
★Hypo-ovarianism 卵巣機能減退症
★Insomnia不眠症
★Labour pain 労働痛
★Lactation, deficiency 母乳分泌不足
★Male sexualdysfunction, non-organic 男性性機能障害、非器質性の
★Ménière disease メニエル病
★Neuralgia,post-herpetic ヘルペス後神経痛
★Neurodermatitis 神経皮膚炎
★Obesity 病的肥満
★Opium,cocaine and heroindependence アヘン、コカイン、ヘロイン依存症
★Osteoarthritis 変形性関節症
★Pain due to endoscopicexamination 内視鏡検査による痛み 
★Pain in thromboangiitisobliterans 閉塞性血栓血管炎の痛み
★Polycystic ovary syndrome (Stein-Leventhalsyndrome) 多のう胞性卵巣症候群(スタイン・レーベンタール症候群)
★Postextubation inchildren 小児の抜管後(小児麻酔覚醒後興奮状態)
★Postoperativeconvalescence 手術後の回復期
★Premenstrual syndrome 月経前症候群(月経前緊張症)
★Prostatitis,chronic 慢性前立腺炎
★Pruritus 掻痒症
★Radicular and pseudoradicular painsyndrome 神経根痛症状、偽神経根症
★Raynaud syndrome, primary 初期のレイノー症候群
★Recurrentlower urinary-tract infection 反復性下部尿路感染症
★Reflex sympatheticdystrophy 反射性交感神経性ジストロフィー
★Retention of urine,traumatic 外傷性尿閉
★Schizophrenia 統合失調症
★Sialism,drug-induced 薬剤性唾液過多
★Sjögren syndrome シェーグレン症候群
★Sore throat (includingtonsillitis) 咽喉炎(へんとう炎を含む)
★Spine pain, acute 急性脊椎痛
★Stiffneck 斜頸
★Temporomandibular joint dysfunction 顎関節機能不全
★Tietzesyndrome ティーツェ症候群
★Tobacco dependence タバコ依存
★Tourettesyndrome トゥレットシンドローム
★Ulcerative colitis,chronic 慢性潰瘍性大腸炎
★Urolithiasis 尿石症
★Vascular dementia 血管性認知症
★Whoopingcough (pertussis) 百日咳

 

 

 

よくあるお問い合わせ(FAQ)

投稿記事がありません。